これから始める人のための中学受験ガイド!

小さな子供を育てている親にとって、子供の教育について真剣に考えることは多いです。
子どもは自由に育てたいという考え方がある一方で、学歴がないよりあったほうが将来の選択肢が広がるという考え方があるからです。

そのために、小学校に入学してから中学受験を真剣に考え始めるご家庭は増えています。
中学受験をして進学校にいったほうが、将来大学受験にも有利だからと考えるからです。
では中学受験を始めるに当たって、まずはなにが必要なのでしょうか?

まずは勉強をするということに慣れさせることが必要です。
塾にはいったら勉強がはじまるから、そのときから勉強をはじめればいいだろうと思われるかもしれないですが、それは違います。
中学受験 塾に入る前に、机にずっと座っていられる子にするということです。
嫌々机に座っている状態では授業も苦痛になるだけで、身にならないことが多いからです。
そのために、普段から、本を読むことに慣れ親しむとか、なにかを学ぶのが楽しいと思わせることが必要です。

そのためには、小さなときから絵本を読んだり、文字を覚える小学校の低学年くらいから、漫画などで文字を読んで楽しいと思わせる環境をつくっておくことが大切です。
さらには、積木とかブロックなどで三角とか四角などの図形の遊びをしておくことも将来の勉強に役立つのです。
遊びの延長が勉強になるということが子供の学びにはとても大切になっていくのです。
中学受験を成功させるためには、小さいころから学ぶことの楽しさを知っておく子供にしておくことが大切なことです。